江東区の歯医者「青木歯科医院」は、生きがい支援型歯科医療を提供します

〒136-0072 東京都江東区大島5-7-6-201
都営新宿線大島駅A1出口を出て左折徒歩1分

予約可能時間
9:30~12:00 × ×
15:00~18:00 × × ×

△:14:00~16:00/休診日:木曜・日曜・祝日

ご予約・お問合せはこちら

03-3681-8557

インプラント治療とは?

青木歯科医院におけるインプラント治療をご紹介します。

 

インプラント治療とはチタンという金属が骨と結合する性質を利用して、失ってしまった歯の部分に人工の歯根(インプラント)を入れる治療法です。

 

チタンが骨と結合する事により、自分の歯と同じように咬む事が可能となります。

 

1965年にスウェーデンのブローネンマルク教授によって初めて人間に応用されましたが今では歯を失ってしまった場合のスタンダードな治療法になっています。

 

1本の歯の欠損から複数歯の欠損まで幅広い応用が可能で、インプラントの上に人工の被せ物を乗せて元の自分の歯のように見せる方法やインプラントの上に入れ歯を乗せる方法などがあります。

 

骨の中に人工物を入れる治療法ですから、どのようなインプラント治療でも手術が必要です。

全身状態や骨の状態が悪い場合や歯ぎしりが非常に強い場合は、非適応症となります。

 

一度骨と結合したインプラントの成功率は90%以上と高いですが、日頃のブラッシングや歯科医院での定期的なメインテナンスをおこなわないとロスト(喪失)します。

 

手術を何回必要とするかにより、1回法又は2回法とに分かれ、骨の量が無い場合や歯肉の形態が悪い場合にはインプラント手術前に骨造成手術や歯肉形成手術が必要となることもあります。

 

1回法は骨の量や質良い場合そして、インプラントと骨の絡みが良い場合に手術を1回で終わらせる方法で、歯肉から支台(被せを乗せる部分)を貫通させます。この時にすぐに仮の歯を作り咬ませる場合を即時加重(そくじかじゅう)と言います。

 

2回法は逆に骨の状態やインプラントと骨の絡みが良くない場合、インプラントだけを入れて歯肉を一度閉じて、骨とインプラントが結合してからもう一度手術をして支台(歯肉から貫通する部分)を入れる方法です。

1965年に世界で初めてインプラント治療を受けたヨスタ・ラーソン氏とペル・イングヴァール・ブローネマルク教授(左)